《「し」はサ変動詞「す」の連用形》

[動マ五(四)]
  1. 教えてしっかりと身につけさせる。しつける。「アシカに芸を―・む」「行儀作法を―・まれる」

    1. ㋐商売のために、商品を買い入れる。仕入れる。「値上がりを見越して大量に―・む」

    2. ㋑飲食店などで、料理の下ごしらえをする。また、料理を作ってたくわえておく。「開店前に―・む」

    3. ㋒必要な物を用意しておく。「地震に備えて非常食を―・んでおく」

  1. 知識・技術などを自分のものとする。「新しい情報を―・む」

  1. 工夫して中に納め入れて作る。「刀を杖 (つえ) に―・む」

  1. 酒・味噌・醤油などをつくるために、原料をまぜて桶などの入れ物に詰める。「酒を―・む」

[可能]しこめる
[動マ下二]囲んで作る。垣などを巡らす。
    1. 「かまどを三重に―・めて、匠 (たくみ) らを入れ給ひつつ」〈竹取

出典:青空文庫