心の中に隠している別の考え。特に、相手に対する悪意。ふたごころ。「別に他意はない」

出典:青空文庫