• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

他阿の解説 - 小学館 大辞泉

[1237~1319]鎌倉中期の時宗の僧。法号は真教房蓮阿、のち他阿弥陀仏。一遍と教化事業を進め、二祖遊行 (ゆぎょう) 上人ともよばれた。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉