• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 他の租税の税額を課税標準として課される租税。復興特別税などがこれにあたる。

  1. 国税または上級地方公共団体租税に付加して、一定の割合で課した地方税。昭和25年(1950)廃止。→独立税