• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 楮 (こうぞ) を原料にして漉 (す) いた厚手の強い和紙。包み紙やカッパなどに用いた。天正年間(1573~1592)伊予の人、兵頭仙貨 (ひょうどうせんか) が作り出したという。

  1. くず紙を漉き返して作った粗悪な洋紙。第二次大戦後の物資欠乏の時代に作られた。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉