1. 中世、主君の代わりとして事にあたった者の総称。特に、守護地頭の代官である守護代・地頭代をさすことが多い。

  1. 荘官の一。一定額の年貢納入を請け負い、支配の実務を行った。

  1. 戦国時代、大名のもとで地方役人として実務に当たった者。

  1. 江戸時代、幕府・諸藩の直轄地の行政や治安をつかさどった地方官の称。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫