• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

数学者、高木貞治の著作。昭和23年(1948)刊行。代数的整数論の一般論と類体論を解説する。

整数論の諸問題を代数学的な手法を用いて研究する数学の一分野。ディオファントスに始まり、フェルマガウスディリクレヒルベルトらが同分野の進展に大きく寄与した。代数的数論。

[補説]書名別項。→代数的整数論

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉