• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「万葉集」巻五、梅花の歌三十二首の序「于時、初春、気淑風、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香(時に、初春の令月 (れいげつ) にして、気淑 (よ) く風和 (やわら) ぎ、梅は鏡 (きょう) 前 (ぜん) の粉を披 (ひら) き、蘭は珮 (はい) 後 (ご) の香 (こう) を薫 (かお) らす)」から》わが国の、2019年5月1日からの年号。国書2からの引用は初。

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉

出典:gooニュース