[連語]《「も(持)ちて」の音変化》
  1. (多く「…をもって」の形で格助詞のように用いて)

    1. ㋐手段・方法を示す。「誠意を―交渉に当たる」「書面を―申し入れる」「好意を―迎えられる」

    2. ㋑原因・理由を示す。「過失の故を―責めを負う」

    3. ㋒事の行われる時を示す。「九月一日を―防災の日とする」

    4. ㋓くぎり・限界を示す。「これを―終了させていただきます」

  1. 語調を強めるのに用いる。「いよいよ―承知できない」「まことに―残念なことだ」

  1. (「でもって」の形で)

    1. ㋐並列・添加の意の接続助詞のように用いる。…のうえに。…かつ。「安価で―質の良い品物」

    2. ㋑格助詞「」を強める意を表す。「人手不足を技術で―補う」「会議で―決定された」

[接]《漢文における「以」や「式」の訓読から生じた語》そして。それによって。それについて。→も(以)てもち(以)て
    1. 「天地の間にあるよろずの物を資り、―衣食住の用を達し」〈福沢学問のすゝめ