• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

以逸待労の解説 - 学研 四字辞典熟語

自軍は本拠地で静養に努め、遠くから疲れてやってくる敵を待って闘うこと。
注記
「逸」は、「佚」とも書き、くつろぐこと。「逸いつを以もって労ろうを待つ」と読み下す。
出典
『孫子』軍争
用例
待つ者は勝つ。逸を以て労を待つ者は勝つ。戦はずして人を屈する者は勝つ。〈幸田露伴・囲碁雑考〉

キーワード[計略]の四字熟語

キーワード[戦い]の四字熟語