《たとえば、たといの意の漢語「仮令」を音読みにした語》

[副]
  1. たとえば。

    1. 「―郭公 (ほととぎす) などは、山野を尋ね歩きて聞く心を詠む」〈無名抄

  1. たとい。かりに。

    1. 「―仏といふは…と知りたりとも」〈正法眼蔵随聞記・二〉

  1. およそ。

    1. 「―案じ候ふに、内裏に参り集まる兵ども、その数候ふといふとも」〈保元・中〉

  1. (多くあとに「ばこそ」を伴って)たまたま。さいわい。

    1. 「―わしがここに居たればこそ」〈伎・韓人漢文〉

[名・形動ナリ]かりそめのこと。いいかげんなこと。また、そのさま。
    1. 「商ひは―にして、明け暮れ男自慢」〈浄・盛衰記

出典:青空文庫