• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 常用対数の値の、整数部分を除いた小数部分の値。

  1. 浮動小数点数における、基数および指数を除いた数値。「1.25×10-4」の場合、基数「10」、指数「-4」を除いた「1.25」を仮数という。