• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

徳田秋声の小説。昭和10~13年(1935~1938)発表。愛人の奔放な男性関係と、そのあとを追う主人公の痴愚を虚実の間に描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉