• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 婚姻の仲を取り持つこと。媒酌 (ばいしゃく) すること。また、その人。仲人。

    1. 「はるばる嫁入して来たと思ひましたれば、―する者が騙者 (かたりもの) にて」〈浮・名代紙衣・四〉

  1. 争いごとの間に入って仲を取り持つこと。仲裁。

    1. 「とかくは私共がお詫び事申します…と―に入れば」〈浮・禁短気・五〉