• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伊藤左千夫の解説 - 小学館 大辞泉

[1864~1913]歌人・小説家。千葉の生まれ。本名、幸次郎。正岡子規に師事し、師の没後は根岸派を継承、「馬酔木 (あしび) 」「アララギ」を主宰。門下に斎藤茂吉島木赤彦などがいる。歌集「左千夫歌集」、歌論「左千夫歌論集」、小説「野菊の墓」など。

伊藤左千夫の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
上総国武射郡殿台村(現・千葉県山武市)
生年月日
1864年9月18日 おとめ座
没年月日
1913年7月30日(享年48歳)