• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宮城県北部にある沼。面積3.2平方キロメートル、最大深度1.4メートルの低湿地湖沼。水田と丘陵に囲まれており、毎年マガンオオハクチョウコハクチョウなどが飛来する。「伊豆沼・内沼の鳥類およびその生息地」として、国の天然記念物に指定されている。昭和60年(1985)ラムサール条約に登録された。

[地理/日本地名/東北]カテゴリの言葉