寛永11年(1634)岡山藩士渡辺数馬 (わたなべかずま) が義兄荒木又右衛門 (あらきまたえもん) とともに、父(一説に弟)のかたき河合又五郎 (かわいまたごろう) を伊賀上野で討った事件。赤穂 (あこう) 義士曽我 (そが) 兄弟の仇討ちとともに天下三大仇討ちの一。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉