奈良時代以来の街道。大和から山城笠置 (かさぎ) を経て、伊賀の柘植 (つげ) に出、鈴鹿関に至る官道の称。
伊賀越道中双六」の通称。