• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

本当の信心からではなく、みえで参詣すること。

「足をそらそら空吹く風に散らぬ色香の―」〈浄・油地獄