1. ひれ伏して拝むこと。特に、遠くから神社を拝むこと。

  1. 1を行うための場所。神社の入り口に木が横たえてあったり、遠くの神社の方向が示してあったりする。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

出典:青空文庫