1. 小説や戯曲などで、のちの展開に備えてそれに関連した事柄を前のほうでほのめかしておくこと。また、その事柄。「主人公の行動に―を敷く」

  1. あとのことがうまくゆくように、前もってそれとなく用意しておくこと。また、そのもの。「断られたときのために―を張る」

[文学/その他の文学の言葉]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫