• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

会稽之恥の解説 - 学研 四字辞典熟語

敗戦の屈辱のこと。転じて、他人から受けた忘れられない屈辱のこと。
注記
「会稽」は、中国の浙江せっこう省にある山の名で、春秋時代に呉と越えつが戦った場所。「会稽の恥を雪すすぐ」という形で用いる。
故事
中国春秋時代、越王勾践こうせんは会稽で呉王夫差ふさと戦って敗れた。そのときにさまざまな恥辱を受けたが、のちに苦労して夫差を打ち破り、その恥をすすいだ。
出典
『史記しき』越えつ
類語
臥薪嘗胆がしんしょうたん

キーワード[屈辱]の四字熟語

キーワード[憎悪]の四字熟語

キーワード[恥]の四字熟語

キーワード[無念]の四字熟語