• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

会者定離の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

この世で出会った者には、必ず別れる時がくる運命にあること。この世や人生は無常であることのたとえ。▽仏教語。「定」は必ずの意。
出典
『遺教経ゆいきょうぎょう
用例
「すべては、天の定めではございませぬか。会者定離はこの世の約束。たかは、にべものう、捨てられました」<舟橋聖一・花の生涯>
類語
生者必滅しょうじゃひつめつ

会者定離の解説 - 学研 四字熟語辞典

この世で出会った者は、必ず別れ別れになる運命にあるということ。この世の無常を説いたことば。
出典
『遺教経ゆいきょうぎょう

会者定離の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。会う者は必ず離れる運命にあるということ。人生の無常をいう語。

[人知を越えたものを表す/運命・因果]カテゴリの四字熟語

キーワード[移り変わり]の四字熟語

キーワード[運命]の四字熟語

キーワード[生死]の四字熟語

キーワード[別れ]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。