[名](スル)《もと仏教語で、混乱した内容を、前後照合して意味が通じるようにする意の「和会 (わえ) 通釈」の略》
  1. 軽くあいさつや礼を交わすこと。また、そのあいさつや礼を示す所作。「会釈してすれ違う」「会釈を返す」

  1. 相手に心配りをすること。思いやり。斟酌 (しんしゃく) 。「遠慮会釈もなく割り込む」

    1. 「一国独立の為とあれば試みにも政府を倒すに―はあるまい」〈福沢福翁自伝

  1. 事情を納得して理解すること。趣旨をのみこむこと。

    1. 「之を尺度として、―もなく百般の著述を批評するをいうなり」〈逍遥・批評の標準〉

  1. 事情を説明したりすること。

    1. 「入道朝家を恨み奉る由聞こえしかども、静憲法印院宣の御使ひにて様々―申しければ」〈盛衰記・一二〉

  1. (多く、あとに「こぼる」「こぼす」などを伴って用いる)打ち解けて愛敬のあること。また、その所作。

    1. 「―こぼして、御機嫌取りの追従顔」〈浄・振袖始〉

出典:青空文庫