[名](スル)《「でんそう」とも》
  1. 取り次いで奏上すること。

  1. 平安後期以降の朝廷の職名。親王摂関家・武家・社寺などの奏請を院や天皇に取り次ぐことをつかさどった。その中でも室町時代以降の武家伝奏は、特に江戸時代において公武間の意思の伝達にあたる重職であった。