• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伯楽一顧の解説 - 学研 四字辞典熟語

鑑識眼のある実力者から才能を認められて、重用されること。また、その才能を発揮すること。
注記
「伯楽」は、馬を見分ける名人とうたわれた人。
故事
ある馬売りが駿馬しゅんめを朝市に出したが、三日間売れなかった。そこで伯楽に頼んで、馬の市から立ち去るときに、一度振り返ってもらったところ、あっという間に一〇倍の値がついて売れたという。
出典
『戦国策せんごくさく』燕えん

キーワード[人材活用]の四字熟語