• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

酒類のうち、アルコール度数の低い飲料。明確な定義はないが、多く、アルコール度数の高い蒸留酒などに対して、アルコール度数が10パーセント未満のものをさす。

[補説]近年は、アルコール度数が3パーセント未満のものを特に「超低アルコール飲料」ということがある。また、アルコール度数が1パーセント未満のものは、酒税法上は「ノンアルコール飲料」に分類される。