• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

体内で酸素不足の状態にある細胞が示す適応。細胞が周囲の酸素濃度の低下を感知すると、低酸素誘導因子(HIF)が誘導され、酸素の運搬能力を上げるよう、血管の新生と分化、細胞の増殖を促す。

[補説]米国のG=セメンザ、W=ケリン、英国のP=ラトクリフは、この仕組みを解明した功績により、2019年ノーベル医学・生理学賞を受賞した。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉