• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

和歌・俳諧などで、最後の句を体言で終わらせること。余韻・余情を生じさせる効果がある。「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天 (あま) の香具山 (かぐやま) 」〈新古今・夏〉の類。名詞止め。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉