• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ある行為をしても結局は何の役にも立たない、という気持ちを表す。何になろうか、何にもなりはしない。

「思ふ事ならでは世の中に生きて―◦むと思ひしかば」〈竹取