[連語]

《代名詞「なに」+助詞「か」》
  1. 《「か」は副助詞》感覚・願望などの内容がはっきりしない事物をさす。「―がありそうだ」「お茶か―飲みたい」

  1. 《「か」は係助詞。感動詞的に用いる》

    1. ㋐相手の言葉・気持ちを確認しようとする意を表す。「それなら―、君のほうが正しいというのだな」

    2. ㋑今まで述べてきたことや相手の言葉などを否定して、それとは反対の趣旨を述べるときに用いる。いやいや。とんでもない。

      「―。この歌よみ侍らじとなむ思ひ侍るを」〈・九九〉

《副詞「なに」+助詞「か」》
  1. 《「か」は副助詞》はっきりした訳もなく、ある感情が起こるさま。どことなく。なんだか。「―気味が悪い」

  1. 《「か」は係助詞》

    1. ㋐疑問の意を表す。なぜ…か。どうして…か。

      「あしひきの山も近きをほととぎす月立つまでに―来鳴かぬ」〈・三九八三〉

    2. ㋑反語の意を表す。どうして…か、いやそんなことはない。

      「命だに心にかなふものならば―別れの悲しからまし」〈古今・離別〉

出典:gooニュース