• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ナンジャモンジャゴケ科の苔 (たい) 類。高山の雪渓付近でみられ、高さ1センチほど。葉は茎と同じく棒状で、仮根はない。発見されたとき、所属が不明であったところから、正体不明の意で命名。

[生物/植物名]カテゴリの言葉