《「なにぞ」の音変化》

[副]《古くは「なそ」》どうして。なぜ。
    1. 「―かう暑きにこの格子はおろされたる」〈・空蝉〉

[連語]
  1. 何であるか。なにごとか。

    1. 「こは―。あなもの狂ほしの物怖ぢや」〈・夕顔〉

  1. なんという。どんな。

    1. 「―の犬のかく久しう鳴くにかあらむ」〈・九〉

出典:青空文庫