《代名詞「なに」に副助詞「でも」が付いた「なにでも」の音変化》

[副]
  1. よくはわからないが。どうやら。「何でも近く結婚するらしい」

  1. どうしても。ぜひ。「何が何でもやりぬこう」

    1. 「あれは世間に重宝する三光とやらいふ鳥であらう。―刺いてくれう」〈続狂言記・鶯〉

[連語]どういうものでも。どういうことでも。「生活用品なら何でもある」「頼まれたことは何でもする」

出典:青空文庫