[副]

  1. (あとに打消しの語を伴って用いる)

    1. ㋐特別の感情を催さないさまを表す。別に大したものとも。物の数とも。

      「いにしへは―見ざりし衣裳の紋、今は目にたちて」〈曽我・三〉

    2. ㋑行動を特定できないさまを表す。どうとも。

      「―言ひ出でじ」〈紫式部日記

  1. いろいろに手段をつくすさまを表す。あらゆる方法で。なんとかして。

    1. 「―風体を巧みて」〈能作書

  1. 他に表現のしようがないという気持ちを表す。いかにも。なんとも。

    1. 「―迷惑ニゴザル」〈日葡

出典:青空文庫