• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 事物の状態や雰囲気などが、それと限定されないさま。これということもない。

    1. 「空のけしきの、―・くすずろにをかしきに」〈・五〉

  1. とり立てて言うに及ばない。平凡である。

    1. 「―・き御歩きももの憂くおぼしなられて」〈・葵〉

  1. 意識しないでも、気持ちがそちらに向くさま。

    1. 「鵜飼一人ありけるが―・く佐殿を見奉り」〈平治・下〉