《代名詞「なに」に格助詞「の」の付いた「なにの」の音変化》

[感]軽く否定したり受け流したりするときに用いる語。「何の、これしき」「何の、大丈夫だ」
[連語]
  1. いかなる。どういう。「いったい何の意味があるのか」「何の因果か」

  1. (あとに打消しの語を伴って)

    1. ㋐まったく。「何の苦もなくやってのける」「何の役にも立たない」

    2. ㋑それほどの。「何の気なしに話す」「何のことはない」

  1. 強く反発・否定する気持ちを反語的に表す。どうして。「酒なくして何の人生ぞ」

    1. 「―戸外へ出すものか」〈鏡花・琵琶伝〉

  1. (「…のなんの」の形で)

    1. ㋐同類の事柄をいろいろと付け加える意を表す。「主婦は炊事だの何のと忙しい」

    2. ㋑上に付く語を強調する意を表す。「痛いの何のって、涙が出たよ」