• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副]《「なにほど」の音変化》
  1. なんぼ1」に同じ。

    1. 「稽古の際をば―御見せ候ふぞ」〈謡・鞍馬天狗

  1. なんぼ2」に同じ。

    1. 「―飽かれた中なりとも」〈浄・国性爺

  1. いやはや。なんとまあ。

    1. 「―世には情なき者の候ふぞ」〈謡・隅田川