• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

多くの所があるが、その中で特に。

「みちのくは―しほがまの浦こぐ舟の綱手悲しも」〈古今・東歌〉