• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. (「いつか」を強めた気持ちで)将来の事に対する、かなり確かな推量・意志を表す。そのうち、きっと。いずれ必ず。「何時かは社長のいすに座るだろう」「人間は何時かは死ぬものだ」

  1. 疑問を表す。いつ。

    1. 「忍び音を―聞かむけふも過ぎなば」〈和泉式部日記

  1. 反語を表す。いつ…か。

    1. 「忘られてしばしまどろむ程もなく―君を夢ならでみむ」〈拾遺・哀傷〉