[代]不定称の指示代名詞。はっきりしない事物について問う語。また、事物・人などをぼかしてさす語。「おやつには―をあげようか」「おい、例の―を持ってきてくれ」
    1. 「―は来ねえか。蜂の野郎は」〈滑・浮世床・初〉

[副]
  1. (下に打消しの語を伴って)否定の気持ちを強める。何一つとして。少しも。「―不自由なく暮らす」

  1. なぜ。どうして。

    1. 「見渡せば山もと霞むみなせ川夕べは秋と―思ひけむ」〈新古今・春上〉

[感]
  1. 心外である、信じられないという気持ちで、強く問い返すときに発する語。「―、彼が犯人だと」

  1. 意に介さない、懸念するに及ばないという気持ちを表すときに発する語。なんの。いや。「―、ちょっとしたことさ」

  1. 相手に怒りを感じて発する語。「―、もう一度言ってみろ」