[動サ五(四)]

  1. 余分なものとして残す。余らせる。「料理が多すぎて―・してしまった」

  1. 限度に達するまでの余地を残す。「今年も―・すところあと三日」

  1. (主に受身の形で用いる)持て余す。手に余る。

    1. 「天の原朝行く月のいたづらによに―・さるる心地こそすれ」〈頼政集

  1. こぼす。満ちあふれるようにする。

    1. 「憐みとる蒲公 (たんぽぽ) 茎短うして乳を―・せり」〈春風馬堤曲〉

[可能]あませる

出典:青空文庫