• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[連語]

  1. さらに十分な余裕がある。十分である。「功績が過失を償って―・る」

  1. どんなに…してもまだ十分でない。「彼の死は惜しんでも―・ることだ」