1. 後に残っている弊害。

    1. 「如何 (いか) に百千年来の―とは云いながら」〈福沢福翁自伝

  1. 何かに伴って生じる弊害。「文明化の余弊」

出典:青空文庫