1. あとまで残っている、印象深いしみじみとした味わい。よせい。「旅の―にひたる」

  1. 詩歌などで、表現の外に感じられる趣。特に、和歌・連歌・俳諧などで尊重された。よせい。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫