• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

初期の夏目漱石を中心とする写生文系統の作家、高浜虚子 (たかはまきょし) 鈴木三重吉らの一派。現実に対して一定の距離を置く心の余裕を唱えた。写生派。→彽徊 (ていかい) 趣味