• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

余韻嫋嫋の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

音が鳴りやんでも、なお、かすかに残る響き。また、その音が細く長く続く様子。詩や文章の言外の趣や、事が終わったあとの情緒あふれる風情にもたとえる。▽「嫋嫋」は音声の細く長く続くさま。「韻」は「音」とも書く。
出典
蘇軾そしょく「前赤壁賦ぜんせきへきのふ
句例
余韻嫋々たる音楽会
用例
ハワイアン・ギタアと、フラ・ダンス、いずれも土人の亡国歌、余韻嫋々たる悲しさがありましたが、ぼくは、その悲しさに甘く陶酔している自分を、すぐ発見して、なにか可憐いとしく思ったのです。<田中英光・オリンポスの果実>
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

余韻嫋嫋の解説 - 学研 四字熟語辞典

残った音の響きが、こだまするように続くこと。すぐれた詩文や印象的な出来事のもたらす余情のこともいう。
注記
「余韻」は、音響の残す響き。「嫋嫋」は、音などが細く長く続いているさまで、本来は、なよなよしたさま。
表記
「韻」は、「音」とも書く。
出典
蘇軾そしょく「前赤壁賦ぜんせきへきのふ

キーワード[音]の四字熟語

キーワード[情趣]の四字熟語