• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大和絵の技法の一。墨線で下描きし、その上から彩色を施し、最後に人物の顔貌や衣の輪郭などを墨線で精緻 (せいち) に描 (か) き起こすもの。平安時代の源氏物語絵巻が典型的な例。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉