• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

佳人薄命の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

美人はとかく薄幸であること。美人は美しく生まれついたため数奇な運命にあって、とかく幸せな一生が送れないものであること。また、美人はとかく短命であること。立派な人について言う場合もある。▽「薄命」は不運のこと。運命に恵まれないこと。また、短命の意にも用いる。
出典
蘇軾そしょく「薄命佳人はくめいかじん」(詩)
用例
佳人薄命、懐玉有罪、など言って、私をして、いたく赤面させ、狼狽ろうばいさせて私に大酒のませる悪戯いたずら者まで出て来た。<太宰治・懶惰の歌留多>
類語
紅顔薄命こうがんはくめい 才子多病さいしたびょう 美人薄命びじんはくめい

佳人薄命の解説 - 学研 四字辞典熟語

美人の女性はとかく不運や不幸に遭うことが多い。転じて、美人は長生きできないことが多いの意。
注記
「佳人」は、美しい女性のこと。「薄命」は、好運に恵まれない人のこと。出典の「古いにしえより佳人多くは命めい、薄うすく、門を閉ざし春尽きて楊花ようか落つ」による。
表記
「佳人」を「歌人」「家人」などと書きちがえない。
出典
蘇軾そしょく「薄命佳人」
用例
あるいはまた、佳人薄命、懐玉有罪、など言って、私をして、いたく赤面させ、狼狽させて私に大酒のませる悪戯者いたずらものまで出て来た。〈太宰治・懶惰の歌留多〉
類語
美人薄命びじんはくめい 才子多病さいしたびょう

佳人薄命の解説 - 小学館 大辞泉

蘇軾「薄命佳人詩」から》美人は、病弱で早死にしたり、運命にもてあそばれて、不幸になったりすることが多いということ。美人薄命。