[動ラ変]はべり」の音変化。
  • 「ともかくも覚えたるかた―・らず」〈苔の衣・一〉
「これに過ぎたることは、よもあらじとぞ申し―・りける」〈伽・一寸法師